name

科学者のための図解作成


ここでは研究者向けに、アイデアを図解するための基本となる考え方をまとめた資料を掲載ます。私の労力不足によりウェブ用に整理できず、講演を聞い た方でないとわかりにくい部分もあるかもしれませんが、ご了承ください。また、完成版ではないので断りなく削除したり、差し替えたりする可能性がありま す。あらかじめご了承ください。

■■ 概念の図解の基本

  • 概念の図解に関わるスライド資料

  • 概念を図解するというテーマでお話しした際のスライド資料です。概念を図解する方法と、伝わる図解にするためのポイントを紹介して います。

    なお、講演では具体例を多数挙げていますが、ウェブ版では省略しています。

    図案
    ウェブ公開版(PDF)
  • 概念の図解に関わる資料(講演の補助資料)

  • 図解の考え方や型をまとめた資料です。上にある概念を図解するというテーマの講演だけでは足りない内容を補助するために作りまし た。(上の資料とセットで見ていただくとわかりやすいかもしれません)

    図案
    ウェブ公開版(PDF)

■■ スライドや図表のグラフィック・デザイン

  • グラフィック・デザインの基本

  • 講演や講義で人気のある、研究発表で使えるグラフィック・デザインの基本の紹介スライドです(一部、概念の図解に関わるスライド資料と重複しています)。 PowerPointを使ったチップスも紹介しています。

    デザイン
    ウェブ公開版(PDF)

■■ PowerPointによるイラスト制作

  • PowerPointのチップに関するスライド資料

  • 研究者の多くはPowerPointを使ってイラストを作っています。この資料はそういう方のためにPower Pointを駆使したイラスト制作のチップスを紹介しています。

    これはあくまでPowerPointしか手段がない方向けです。凝りたい方にはAdobe IllustratorやAdobe Photoshopをおススメします)

    図案
    ウェブ公開版(PDF)

■■ 手描きやフォトショップによる描写を含む図解

手描きを含む制作方法については、力不足でまとめられていません。

奈良島知之氏が指導するオブザベーショナル・ドローイング (観察をベースにしたサイエンティフィック・イラストレーションの制作) については、簡単にではありますが、有賀による制作プロセスの報告を下記のブログ記事に紹介しています。

有賀雅奈のブログ『雅堂』「サイエンティフィック・イラストレーション制作レッスン」
http://largeriver.blog123.fc2.com/blog-entry-200.html

奈良島氏による指導に関し、材料や方法について比較的詳しくまとめた小冊子もあります。冊子をご希望の方は有賀までご連絡ください。

(最終アップデート 2017年12月2日)